WHAT IS MEO

MEOとは

必須の集客方法MEOとは

近年のGoogleマップの進化によって生まれた「MEO」という集客方法。
聞いたことがあったり、自分で少し操作したことがある方は多いかもしれませんが、 継続的に情報を発信したり上位表示のための施策を行っている方は少ないのではないでしょうか。
そんな方のために、どこよりも分かりやすく・丁寧に「MEO」についてご紹介いたします。

index

MEOとは

なぜMEOが必要なのか?

SEOとは

MEOとSEOの違い

MEOとSEOの関係性

メリット

注意点

Googleのアルゴリズム

基本情報を登録する

写真を追加する

商品を登録する

投稿する

情報を更新する

ホームページのSEO対策

ポータルサイトへの登録

SNSへの登録

NAPの統一

初級

中級

上級

やってはいけないこと

相場と料金体系

対策内容

選定基準

インサイトの内訳

MEO集客事例

MEOとは

まずはじめにMEOとはなんなのか、なぜ重要視されているのかについてご紹介します。

MEOとは


MEOとは、「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の 頭文字を取った言葉で、GoogleマップやGoogle検索で表示される Googleマイビジネスを最適化することを言います。

例えば、GoogleマップやGoogle検索で「近くの居酒屋」と検索すると、 店名や写真、クチコミが載っている店舗情報のリスト、通用「ローカルパック」が表示されます。 そのローカルパック内での表示順番を上げるための施策がMEOです。 ローカルパックに掲載されている一つ一つの店舗情報は「Googleマイビジネス」 というサービスで管理・運用することがき、MEOは主にGoogleマイビジネスを用いて行われます。 ちなみにMEOという言葉は日本のみで使用されており、海外では「ローカルSEO」と呼ばれています。

meo-image02
なぜMEOが重要なのか?

その他にも集客施策がある中で、なぜMEOが重要なのでしょうか? 店舗集客の歴史とユーザーの傾向から理由をご紹介します。

店舗集客の歴史

インターネットが普及していない時代の店舗集客は、ビラ配りや地域誌、 看板などが主な施策でした。しかしデジタル化が進むとともにその業界に特化した ポータルサイトが台頭し、飲食では「ぐるなび」や「食べログ」、美容では 「ホットペッパービューティー」などを利用した集客方法へと変化しました。 そして、スマートフォンが普及した現代は、Googleなどの検索エンジン上での フリーワード検索が増加しています。そのフリーワード検索において一番上に 表視されるGoogleマイビジネスは、必ず行うべき集客方法の1つとなりました。

ユーザーの傾向の変化

ユーザーの傾向を示すデータを見ても、MEO対策は重要であることがわかります。 「近くの居酒屋」や「渋谷 居酒屋」のようなローカル検索を行うユーザーの92%は、 上位表示されている店舗を選ぶと言われています。 Googleによるとローカル検索からお店を探したユーザーの約50%は、 検索を行ってから24時間以内にお店を訪問するという分析結果も公開されています。 しかも単なる見込客ではなく、来店者のうち実際に購入まで進む割合は 非ローカルユーザーの2.5倍です。


このように、Googleマイビジネスを管理・運用することはもちろん、 上位表示を目指すことで集客を高めることができます。

MEOとSEO

MEOと似ている言葉にSEOがあります。 SEOはMEOよりも昔から行われているウェブ対策で聞いたことがある方も多いかと思います。 よく似ているMEOとSEOの違いや関係性についてご説明します。

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」 の頭文字を取った言葉で、検索結果におけるサイトのランキングを上位に あげる施策のことを言います。 表示順位が上がることで、サイトへアクセスする人数が増え、知名度が高くなります。

MEOとSEOの違い

MEOとSEOの違いは「適化をする場対象」と「最適化をする場所」です。

最適化をする対象

MEOは「Googleマイビジネス」の最適化を行うのに対し、 SEOは「Webサイト」の最適化を行います。

最適化をする場所

MEOは「マップエンジンの最適化」をするのに対して、 SEOは「検索エンジンの最適化」を行っています。
右の画像のウェブ検索結果を見ていただくと、上にマップと一緒に表示されているのが MEOを行う場所、その下に表示されるのがSEOを行う検索結果表示欄となっており、 最適化を行う場所が異なるのが確認できます。
また、Googleマイビジネスはウェブ検索だけでなくGoogleマップでも 表示されますのでGoogleマップ内での検索もMEOの対象です。

meo-image03
MEOとSEOの関係性

MEOとSEOで違いはあるものの、2つともGoogleというサービス上で最適化を行うため、 その関係性もご紹介します。
結論からいうと、SEOを行うことでMEOにもプラスに働きます。 Googleが公開している「Googleのローカル検索結果の掲載順位を改善する」には、 Googleマイビジネスの表示順位はウェブ検索結果での表示順位も考慮されるため、 検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できると記載されています。 つまりは、SEOを行うことにより間接的にMEOの順位も改善されるということです。

MEOのメリットと注意点

MEO対策を行う上でそのメリットを把握し、注意点を覚えておくことはとても大切です。 MEOの特徴を理解したうえで、あなたのビジネスではどう活用できるのかを考えていきましょう。

MEOのメリット

1. 無料で始められる

GoogleマイビジネスはGoogleが無料で提供しているツールのため、MEO対策は無料で行うことができます。 有料でしか始められないサービスも多い中、Googleアカウントがあれば、 誰でも今すぐに始めることができるMEO対策は敷居が低く挑戦しやすい集客方法です。

2. 見られる機会が多い

Googleマイビジネスは「地域×業種」またはビジネス名などでウェブ検索されたとき、検索欄のすぐ下、 ポータルサイトやホームページなどのウェブサイトよりも上に表示されるので、 ウェブサイトよりも閲覧される機会が多くなります。またGoogleマイビジネスはウェブサイトとは違い、 ウェブ検索だけでなくGoogleマップでも表示されます。 見られる機会が多いぶん、対策をすることでWebからもマップからも効果を見込むことができるのです。

3. 見込みの高いユーザーにアピールできる

検索結果にGoogleマイビジネスが表示される主な検索語句は「エリア×業種」であることから、 Googleマイビジネスはある特定のエリアで特定のサービスを探している角度の高い見込み顧客に 見てもらえる可能性がとても高いです。 例として「美容室」と「渋谷 美容室」を考えてみましょう。 「美容室」は抽象度の高いキーワードであるために、ある美容室で サービスを受けるという比較目的だけでなく、美容室とは?などの認知目的や、 美容室の求人など異なる検索意図も含まれることが分かります。 「渋谷 美容室」は、渋谷にある美容室を探していることが分かるので、 渋谷でサービスを受けることは決めていて、ユーザーはどの店舗にするか という比較検討段階であり、来店する可能性が高いことがわかります。

meo-image004

4. 効果が出やすい

中小企業にとってはGoogleマイビジネスの上位表示はウェブサイトの上位表示や ポータルサイト内での上位表示よりも難易度が低く、MEO対策の成果が出やすいです。 ウェブサイトの上位表示、いわゆるSEO対策では大手ポータルサイトや有名ブログなどが 競合となり、アルゴリズムも複雑で専門知識が必要なため多くの時間と費用がかかります。 その点MEO対策のライバルとなるのはあくまで他社のGoogleマイビジネスのみです。 機能が定められているツールのため、適切な対策をすることで競合が大手であったとしても 上位表示は十分狙うことができます。

注意点

1. 相性が良くないビジネスがある

MEOが効果を発揮するのは、ユーザーが「エリア×業種」で検索したときですので、 全国など広範囲で営業をしているビジネスにとってはお店やオフィスから遠い地域で Googleマイビジネスの効果を感じる可能性が低くなってしまいます。 オンラインサービスをメインにしているなど、お店やオフィスでビジネスを行っていない場合も同様です。 しかし、周辺地域への出張サービスなど地域に根差したサービスは効果がありますので、適切に利用しましょう。 またGoogleマイビジネスはビジネス名で検索したときに表示され、Web上の看板のような役割をはたしています。 集客が目的でなくてもしっかりと管理することはマストです。

2. フォーマットやルールが決められている

MEO対策は先述したようにGoogleが提供しているGoogleマイビジネスを利用しますので、 自社でホームページを作成するとき程自由度が高くはありません。 文字数や記入方法に制限があったり、ユーザーが投稿した情報を削除できないなど 提供されているサービス内でGoogleが公表しているガイドラインに沿って 管理しなければなりません。ガイドラインに違反すると最悪アカウントが 停止されてしまったり、Googleマイビジネスが表示されなくなってしまいますので 気を付けましょう。ガイドラインで禁止されていることについては後ほどご紹介いたします。

表示順位が決められる仕組み
Googleのアルゴリズム

まずは、Googleが表示順を決める仕組みについて理解する必要があります。 Googleは検索ユーザーそれぞれに最適な検索結果を提示するために、独自のアルゴリズム によって表示順位を決めています。アルゴリズムに影響を与える要素はとてもたくさん ありますが、Googleが公表している主な指標の3つをご紹介します。

meo-image004

1. 距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離のことです。 検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて 距離が計算されます。
例えば、東京にいる人と大阪にいる人が「近くの居酒屋」と調べたときに、 東京の人には東京の、大阪の人には大阪にある居酒屋リストが表示されるようになっています。 ユーザーが探しているお店に達成できるよう、Googleは検索しているユーザーの位置情報に基づいて 検索結果を表示しています。


2. 関連度

関連性とは、検索語句とビジネス情報の関連性のことを意味します。 ビジネス情報を充実させると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、 ビジネス情報と検索語句との関連性を高めることができます。 例として「焼肉」と検索した時に、「焼肉専門店」と「焼肉も提供している居酒屋」を比較すると、 前者の方が関連度が高いと見なされ上位に表示されます。 Googleはユーザーが求めている検索結果を提示するために、 検索キーワードとより関連性のある結果を表示します。

3. 知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。 ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、 ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。 例えば、「全国展開をしている飲食チェーン店」と「個人経営している飲食店」を比較してみましょう。 一般的な知名度は明らかですが、インターネットにある情報の量に関してもSNSで言及されている数や、 そのお店について書かれているブログの数もチェーン店の方が圧倒的に多いことが多いです。 このように、その店舗についてインターネット上で言及されている量や質が知名度度して 判断される要素になり、検索結果に影響を与えています。


これらの仕組みを踏まえて対策できる点、出来ない点を考えてみましょう。 まず「距離」についてですが、店舗やオフィスの位置を自由に移動させることはできないため、 コントロールすることができません。しかし「関連度」と「知名度」については改善の余地があり、 自分で対策することが可能です。情報を充実させることで関連する検索ワードの幅が増え、 多くのワードで表示されるようになります。また、Web上の情報を増やすことで知名度も あげることができます。

上位表示に向けての対策(内部対策)

MEOについての理解が深まったところで、上位表示を達成するためには何をすれば良いのでしょうか?
MEO対策は大きく分けてGoogleマイビジネス自体の対策である内部対策と Googleマイビジネス以外の対策である外部対策に分けることができます。 ここではまず内部対策についてご紹介します。

基本情報のを登録する

まず一番最初はGoogleマイビジネスの管理画面の[情報]メニューから ビジネスの基本情報を登録しましょう。ビジネス名や住所、電話番号などの プロフィールはもちろん、属性やビジネス情報、メニュー、サービスなどの情報を 記入しましょう。

メインカテゴリ

ビジネスの事業内容に一番合致するカテゴリをメインカテゴリに設定します。 メインカテゴリは検索結果に最も影響を及ぼす項目の1つであるため、 Googleのガイドラインに従いながら慎重に検討しましょう。

サブカテゴリ

メインカテゴリだけでは、店舗の事業内容を説明できない場合は「サブカテゴリ」を追加することができます。 カテゴリは合計9個設定できますが、全てを設定する必要はありません。 中心となる事業内容を示すカテゴリのみを、可能な限り少なく設定することが推奨されています。

リンクの追加

Googleマイビジネスには、複数のリンクを設定することができます。 ウェブサイトとして設置するリンクは、SEOとの相乗効果があるために自社のHPを設定することをおすすめします。 特定の業種によって表示される予約リンクやメニューリンクも、 URLを設定することでそこから情報を辿ってそのお店を認知するので、登録できるものは入力するようにしましょう。

ビジネス情報

Googleマイビジネスの「情報」で唯一自由記述ができ、ビジネスに関する詳細を記載できるのが 「ビジネス情報」です。自由記述のため、お店やビジネスのコンセプトや雰囲気に合わせて文章を 書くことができます。主な注意事項として、「URLやHTMLコードを含めることができないこと」と 「全角375文字以下で入力すること」があります。 上位表示させたいキーワードを含め、全角で200文字以内の文章を書くと簡潔でユーザーに伝わりやすくなります。

写真を追加する

Googleマイビジネスに写真を挿入することができます。 写真はいくつかのカテゴリに分けることができますので、 それぞれのカテゴリに3枚以上写真を追加することでユーザーの興味を引きやすくなります。 特に「ロゴ」と「カバー」は検索されたときに表示されやすいので必ず登録しましょう。 「ロゴ」写真は小さく表示されますので、ビジネスのロゴが大きめに映っている写真を 登録すると見やすくなります。

商品を追加する

文字のみの説明である「メニュー」「サービス」とは別に、文字×写真でサービスを アピールできる「商品」という機能があります。写真と文字のほか価格やリンクを掲載でき、 1つの商品を詳しく紹介することですることができます。 商品についての情報を視覚的にもアピールできる「商品」項目は見る人も多く、 ここを見て来店を決める人も多いので詳しく登録することをお勧めします。

meo-image06
投稿する
meo-image004

SNSのように最新情報を投稿することができる投稿機能は集客やお店の情報を 発信したいときにはとても効果的です。 投稿には「最新情報を追加」「特典を追加」「イベントを追加」「COVID-19の最新情報」の 4つのタイプがあり、それぞれ入力できる項目が異なります。 ビジネスの説明で紹介できなかった特典・イベント・サービスについて公開することで、 最新の情報をユーザーにアピールすることができます。全角1500文字の制限がありますが、 300文字程度に収めることをGoogleは推奨しています。 投稿は、キーワードと店舗の関連度を高めるための有効な手段の1つですが、 自由記述であるためにビジネスの説明と同様に細かいガイドラインが存在するので注意が必要です。 ガイドラインを守って1週間に1回程度更新するのが理想的です。

情報の更新

Googleは最新かつ正確な情報をユーザーに提供しようとしています。 そのため、Googleマイビジネスの情報を常に更新することは、上位表示のための重要な 要素の一つです。営業時間はもちろんのこと、継続的な投稿機能の使用が上位表示に繋がります。

上位表示に向けての対策(外部対策)

続いてGoogleマイビジネス以外のインターネット上での対策である 外部対策についてご紹介します。

ホームページのSEO対策

MEO対策にも効果があるSEO対策ですが、特に大事なのは自社のホームページです。 多くの作業が必要となるSEO対策ですが、最低限の対策として上位表示したい キーワードをホームページにも記載したり、Googleマイビジネスと基本情報を 統一させましょう。例えば焼肉店が「食べ放題」というキーワードを上位表示 させたい場合は、ホームページにも「食べ放題」というキーワードを記載すると効果的です。 また、Googleマイビジネスと同様、ホームページでも継続的な情報の発信をしましょう。

ポータルサイトに
登録する

集客の入口を広げるという意味でもポータルサイトへの登録は必要です。 ビジネスについてのウェブ上の情報も知名度に影響することを考えると、 ポータルサイトに登録することは、ウェブ上に情報を増やすことになるため有効です。 飲食店であれば食べログやぐるなびなど、美容室であればホットペッパービューティーなど、 その業種のポータルサイトに登録しましょう。 無料で登録できるポータルサイトもたくさんあるので活用するようにしましょう。

meo-image004
SNSに登録する

ポータルサイトと同様の理由でSNSの登録も効果的です。 お店の最新情報やサービス情報を発信したり、ユーザーとの交流を深めることで認知度を高めたり、 お店の世界観を伝えたりすることができます。手軽に情報収集できるSNSは利用者も非常に多く、 ユーザーの目に留まる機会を作ることができます。 SNSごとにも特徴がありますので、ターゲットとなる層の利用率が高いSNSを運用していきましょう。

NAPの統一

NAPとは、「Name(店舗名・屋号)」「Adress(住所)」「Phone(電話番号)」 の頭文字をとった造語です。GoogleマイビジネスやSNS、ポータルサイトなどに 登録されているNAP情報を全て統一することを「NAP統一」と言います。
最近では「Hour(営業時間)」を足してNAHPの統一と呼ばれることもあります。 サイト毎に異なるNAPが表示されていると、どの情報が正しいのかをユーザーが 判断できずに混乱を招いてしまうことがあるので、情報を統一しておくことは 利便性や信憑性を高めるためにとても大切です。NAPの統一は、番地表記や建物名まで、 一字一句そろえて登録しましょう。例えば、「〇丁目△番地□」と「〇-△-□」や、 半角数字「1」と全角数字「1」などの表記を統一させる必要があります。 NAP情報がサイトによって異なってしまうと同一の店舗とみなされずに効果が 薄れてしまったり、見た人が不信感を抱いてしまうことがあるので注意が必要です。

クチコミ対策

クチコミ

クチコミは、Googleマイビジネスが持つ大きな特徴の1つであり、 上位表示において重要な役割を果たします。クチコミの数と評価は、 知名度に大きな影響をもたらし、クチコミの中にキーワードが入ることで 関連度にも寄与します。さらに、比較検討の段階にいるユーザーにとっても 第三者の公平な意見を閲覧できるクチコミはどのお店を選ぶかを決める 重要な判断材料になります。ユーザーから良質なクチコミを集めて、 集客に繋げましょう。


meo-image03

クチコミ返信

クチコミは、Googleマイビジネスが持つ大きな特徴の1つであり、 上位表示において重要な役割を果たします。クチコミの数と評価は、 知名度に大きな影響をもたらし、クチコミの中にキーワードが入ることで 関連度にも寄与します。さらに、比較検討の段階にいるユーザーにとっても 第三者の公平な意見を閲覧できるクチコミはどのお店を選ぶかを決める 重要な判断材料になります。ユーザーから良質なクチコミを集めて、 集客に繋げましょう。

自分で対策する場合

ここまで、MEO上位表示のための対策内容をご紹介してきました。 全ての項目を高いクオリティで仕上げることで、上位に表示される確率を 大幅に上げることができます。しかしながら、全ての項目を100%で仕上げるには 多くの時間とノウハウ、そして継続して対策し続けることが求められます。 そこでご自身でMEO対策を行う場合に取り組むべき項目に優先順位をつけ 「初級」「中級」「上級」3つのステップに分けてご紹介します。 また、Googleマイビジネスを停止されてしまう可能性のある やってはいけないこともご紹介します。

初級

忙しくてMEOに取り組む時間がないという方でも最低限取り組んでいただきたい項目は 以下5つです。

・基本項目の登録

・メインカテゴリ

・追加カテゴリ

・リンクの追加

・写真を挿入

これらはGoogleマイビジネスに基本的な情報を登録するもので、 1度入力すれば頻繁な更新は必要がありません。これらの情報があれば 最低限ユーザーが知りたいことは知ることができます。

中級

MEOやWebの知識はあまりないけどMEOに取り組む時間はある、 まずは自分で対策してみたいという方へのおすすめは初級の項目に加えて以下5つです。

・ビジネスの説明

・商品を追加

・投稿

・情報を更新

・クチコミ(返信を含む)

これらは全てGoogleマイビジネスの項目です。初級と比べ継続的な情報の更新が必要ですが、 頻繁に情報を発信することでユーザーとの接点を増やすことができます。 競合の少ない地域や業種であれば、中級をクリアするだけで上位表示される可能性もあります。

上級

本腰を入れてMEOに取り組んでいきたい方には中級の項目に加えて以下4つの対策がおすすめです。

・HPのSEO対策

・ポータルサイトに登録する

・SNSに登録する

・NAPの統一

上級になると、Googleマイビジネス以外の対策も必要になります。 継続的な情報の更新はもちろん、管理する媒体数が多くなるために多くの時間がかかります。 難易度は高いですが上記全てを行うことで集客のために最大限Googleマイビジネスを活用でき、 将来的にも大きな財産になります。 大変かもしれませんが、チャレンジしてみたい方は取り組んでみましょう。

やってはいけないこと

Googleには厳密に定められたガイドラインが存在します。 ここでは特に注意すべき禁止されているコンテンツについてご紹介します。

1. ユーザーの誤解を招く恐れがある:
提供している商品やサービスについて、 不正確な情報や間違った情報を公開しない質が低い、関連性がない、 閲覧の妨げとなる:誤字や奇抜な文字を含むコンテンツ、 意味不明なコンテンツなどがこれに該当します

2. 不快 不適切なコンテンツ:

・いやがらせ、いじめ、差別に当たるコンテンツ

・わいせつ、冒とく的、侮辱的な言葉を含むコンテンツ

・テロ関連のコンテンツ

・性的な内容を示唆するコンテンツや露骨なコンテンツ

3. 禁止されているコンテンツ:

・危険または違法な商品やサービスの販売に関するコンテンツはアップロードしない

・児童の搾取や虐待にあたるコンテンツはアップロードしない

4. 重要:
個人の財務情報、政府発行の身分証明書、氏名に関連付けられた連絡先情報、 機密記録、個人情報が含まれる画像、謄本、リンクなどの個人情報  や機密情報を含むコンテンツは許可されません。 また、ローカルな投稿やビジネスの説明を通して、ユーザー自身の名前、メールアドレス、電話番号以 外の上記の情報を要求することも許可されません。

引用元: https://support.google.com/business/answer/3038177?authuser=0



これらはGoogleマイビジネスに基本的な情報を登録するもので、 1度入力すれば頻繁な更新は必要がありません。これらの情報があれば 最低限ユーザーが知りたいことは知ることができます。

MEO対策会社

MEO対策でやるべきことはだいたいおわかりいただけたかと思います。 しかしMEOにかける社内リソースがない場合は、業者に外注するのも1つの手段です。 ここでは、業者に依頼する場合の費用相場や、サービス内容についてご紹介します。

相場と料金体系

MEO対策の料金相場は、月間で2.5~5万円の間で設定されている業者が多いです。 料金体系は2種類あり、成果報酬型と月額固定型に分かれています。

成功報酬型

決められたキーワードが上位3位以内に表示された日数×1日あたりの費用で料金が変わります。 1日あたりの費用の相場は1,200円~2,000円で、上位3位以内に表示されなければ料金が 発生しないというメリットがある反面、全日上位表示される場合は割高になる可能性があります。 また、「Googleのアルゴリズム>距離」でも説明した通り、ランキングは検索する 位置によって異なるため、位置情報を変更して不当な順位を測定し、高額な費用を 請求されているケースもあります。

月額固定型

キーワードの上位表示に関係なく料金が発生する契約タイプです。 特徴としては成果報酬よりも対策内容が手厚いことが多く、 店舗の集客の補助を目標としている場合が多いため、長い目で見た時に大きな成果を 得る可能性が高くなります。

対策内容

一口に代行会社と言ってもサービス内容はさまざまです。 メインはGoogleマイビジネスの登録及び代行運用ですが、 どのサービスをどれくらいの頻度とクオリティで行うかは業者やプランによって異なります。 オプションでストリートビューの撮影やホームページの作成がセットになっている会社もあります。 Googleマイビジネスの利用目的や費用を踏まえてご自身の店舗にあった会社を選びましょう。

選定基準

MEO業者を選定するにあたって基準となる3つポイントをご紹介します。

実績

実績も「対策店舗数」と「上位表示率」にわけることができます。 通常、各会社のHPやサービスサイトに2つの数値が記載されています。 ただし、その数値が本当かどうかの判断が難しいことは事実です。 その場合は、成功事例のインタビュー記事などを参考にしましょう。

独自の順位計測ツール

Googleマイビジネスは表示順位を計測する機能がないので、 MEO業者が独自の順位計測ツールを持っているかどうかも重要な基準の1つになります。 表示順位を毎日計測することで、対策に効果があったかどうかが確認できるのはもちろん、 Googleのアルゴリズムの変化にも気づき、対応することができるようになります。

施策内容の公開

施策の公開は、2つの理由で重要です。 1つ目は、ガイドラインを違反していないか確認するためです。 前述した通りガイドライン違反をすることは、Googleマイビジネスを 停止されてしまう恐れがあり、結果的に損を被ることがあります。 2つ目は、実際の施策内容が営業などで説明されたものと相違がないか確認するためです。 web上の施策はブラックボックス化されている場合が多く、 店舗側は施策が行われているかどうか判断できない場合があります。 信頼できる業者かを見極めるためにも、対策内容を公開しているかどうかは、 会社選定において重要な基準の1つです。

MEOの効果

実際にMEO対策をして、どれくらいの効果を得ることができたのかを計測するためには、 可視化されたデータが必要です。Googleマイビジネスには、PV数(閲覧数)や ユーザーがどのような行動を起こしたかをデータとして見ることができる 「インサイト」という機能があります。

インサイトの内訳

インサイトは過去3か月分のユーザーデータを閲覧することができ、 以下の項目を確認できます。インサイトを見て現状を分析し、改善に繋げましょう。


ユーザーがビジネス情報を検索した方法

検索してGoogleマイビジネスを見たユーザーの数とその検索方法を確認できます。

meo-image03

ユーザーがビジネス情報を見つけた Google サービス

ユーザーがGoogle検索とGoogleマップであなたのGoogleマイビジネスを見つけた回数を確認できます。

meo-image03

ユーザーの行動

ユーザーが対象のGoogleマイビジネスを見つけた後、どのような行動をとったのかを確認できます。

meo-image03

ルート検索

ユーザーが対象のGoogleマイビジネスまでの経路をどの地域から検索したかを確認できます。

meo-image03

電話

ユーザーが対象のGoogleマイビジネスから電話をかけた曜日と時間帯を確認できます。

meo-image03

ビジネスが認知されている要因

ユーザーの主観情報を元に、対象の店舗がどのように評価されているのかを定性的に確認できます。

meo-image03

写真

対象のGoogleマイビジネスに格納されている写真の枚数を同業他社と比較しながら確認できます。

meo-image03


写真の閲覧

対象のGoogleマイビジネスに格納されている写真の閲覧数数を同業他社と比較しながら確認できます。

meo-image03

クエリ

クエリとはビジネス情報を見つけた人が検索していたワードのことです。ユーザーがどのような検索をして、Googleマイビジネスにたどり着いたのかを確認できます。

meo-image03
MEO集客事例

実際に弊社がMEO対策をした事例を紹介します。

ヘアーサロン SIGEKI

ヘアーサロン SIGEKI

MEO対策で売上が最大で6倍に!商圏拡大でこれまでアプローチできなかったお客様が来店

来店数
600%UP
電話予約数
118%UP
閲覧数
80.1%UP
サイト流入
50%UP

みとめ歯科

みとめ歯科

MEO対策で間接検索数が対前年比で約250%
丁寧な説明で患者に向き合う五反田の歯科医院

来店数
830%UP
電話予約数
48%UP
閲覧数
218%UP
サイト流入
218%UP

BRAND SHELTER 上野店

MEO対策で売上・新規顧客数ともに3倍
ブランド品を扱う上野のリサイクルショップ

来店数
556%UP
表示回数
2017%UP
閲覧数
2033%UP
サイト流入
733%UP
まとめ

MEOとは?から始まり、実際の対策内容を詳細にご紹介しました。 MEOは店舗ビジネスにおいて必ずやるべきweb集客施策の一つであることが お分かりいただけたかと思います。まずはご自身で操作をしてみて下さい。 Googleマイビジネスを使った集客施策、MEO対策をして店舗集客をアップさせましょう。